【ブログ書くときに気をつけたい】ファンから反応が取れまくっちゃうキャッチコピーの作り方|7つのルール

今回の記事では、
コピーライティングで、最も神経を使う
ことで有名な『キャッチコピー』についてです


そうなんだと思った人は
最後まで読んでいってください!


なぜなら、ほとんどの人(顧客さん)は
キャッチコピーを見ただけで
関心があるかどうか判断しているからです


このキャッチコピーを押さえて書ける人と
書けない人では、収益の差はかなり大きいです。


それに伴って、
ブログ全体の合否は、キャッチコピーで
何を言うかで決まるといっても過言ではないです。

※とある学校のキャッチコピー

それも関わらず、ブログを書こうとするときに
「とりあえず、100記事」というフレーズに
惑わされて、本当に100記事書いて


何にもならないという事例は僕以外にも
後を絶たないと思います。


なので、あなたも記事を書く際に気を付けたい
キャッチコピーを書く際に忘れて行けない
7つの基礎ルールをお伝えします!


この7つを意識するだけで
あなたのブログのPV数は
100以上は上がることは間違いない
です。



PV数は、収益を発生させるときに
大きな影響を与えるので
押さえておきたいです


逆にこのキャッチコピーの作り方を
知らないのは、かなりの損をしています。


今まで一生懸命書いてた記事が
ほぼ意味をなさないほどです。


つまり、会社員として
働いていた時間のあいまを縫って
作った記事も、


ただの日記と変わらないなんて
評価をされているかもしれません。


夢だと思っていたブログを
コンテンツ化して


不労所得にしていこうと
思って、毎日記事と向き合ってた時間も
知らないだけでムダになってしまうところでした。

でも、安心してください。


この記事を読んだあなたは、
その労力がキャッチコピーを変えるだけで


収益の発生の仕方が
もともとアフィリエイト報酬が
0件だった人が、


1日1件は購入ボタンが押される
ようになれます


では、そのキャッチコピーの7つのルールを
紹介していきます!

7つのルール

そのキャッチコピーを
作る上で押さえておきたい7つのルールです!


全体図は下記のとおりです
・役に立つ情報があることが伝わる
・得になることと好奇心を融合
・一番重要なポイントを伝える
・事実をすべて載せない
・優等生なキャッチは避ける
・中身のないものいれない
・短くしようとしない


売れるキャッチコピーを書ける人の
共通点や、企業さんがつくっているコピーは


どれか、または複数の共通点を
持っていることが多いです


具体的には、
「毎日快適な睡眠を得て、仕事効率2倍!
活力が湧かない人に必見 
〇〇するだけで出世する方法」


「1日5分の運動で、
3か月後に5kg痩せられるダイエット法」


などなどですが、
全部紹介していると10000文字くらい
いきそうなので、


このブログでは、
3つだけ紹介しようと思います


売れるコピーを書ける人は
この7つのルールを実践レベルで
スキルを身に着けていると思います。


具体的な例や、コピーを集めた
PDFを配布しているので


続きが気になる人
公式LINEでコンテンツとして
紹介しようと思いますので
登録をお忘れなく!!
↓↓↓


ぼくも1からコピーを
書けるようになれなかったので
真似から入りました。


無料プレゼントなので
受け取りたい方は、7つのルールと
メッセージをください!


7つ中3つのルール


では、先ほどの続きの7つのうち
3つのルールを紹介します!


①得になることと好奇心を融合
②事実を全て伝えない
③短くしようとしない



この3つについて
解説していきます

①得になることと好奇心を融合

多くの場合は、「得になる」型の
キャッチコピーに


好奇心を刺激するような
要素を組み合わせることで


より読者に冒頭で
興味つけすることが可能になります


たとえば、


「ほんのちょっとで
変わった方法でやる気が爆上がり」


「毎月3万円余分なお金を
手に入れるためにやったあること」


のようなキャッチコピーは単純に


「ビジネスのマインド成長」
「毎月3万円稼ぐ方法」


よりも高い反応を得ることができます。


好奇心だけを刺激することを狙った
キャッチコピーは数多くあるけれど


効果的なキャッチコピーがあるかは
滅多にないことを覚えておきましょう!

②事実を全て伝えない

キャッチコピーの目的は、
文章を読み進めてもらうためにあります。


つまり、先を読まなくても、
何が書いてるかわかってしまうような
キャッチコピーでは、効果が半減します。


・肌を潤う化粧水

人は、キャッチコピーを見ただけでは
購入しようとしないため、

興味を持ってくれた読者に、お金を
払って商品を買ってもらうには


セールスコピーの中身を見て
もらわなければなりません


結論、先を読まなければ
わからないようなキャッチコピーは
じらすことを意識していきましょう!

③短くしようとしない

キャッチコピーを短くした方が
見栄えもすっきりして
素晴らしいことです!


しかし、他の情報、すべてを
犠牲にしてまで簡潔にまとめること
避けるべきですね。


ぶっちゃけ、
本当に必要なことを伝えるためなら


キャッチコピーはどれだけ長くなっても
全然、大丈夫だということを
覚えておきましょう!


それもまた、長くて言いたいことが
まとまらないのは意味がない
ので注意しましょう!

最後に

いかがでしたか?
実践的な内容に触れてみたら
アウトプットが大事です!


アウトプットが大事な理由は
1つだけです!

1つは、知識として定着させるためです
どうやっても人は、


収集したノウハウ、知識を使わなければ
忘れてしまうものです。。。


逆に、昨日読んだ本を
「では、アウトプットしてください」
といわれて応えられる人はほどんど
いないと思います。


少なからず、僕にはできません。


だからこそ、
こうやってブログにアウトプットして
実践しているわけです!


僕のLINE@にアウトプットして
いただいてもOKですし、


僕のブログのURLを
コピーしてTwitterでコメントしながら
情報配信することで
自分のスキルにしていくことがおすすめです!

P.S
最後まで見ていただき
ありがとうございました!




達斗(たつと)公式LINEが 100名突破!!
大人気です!!

現在、
130名の方が利用いただいています!


本当にうれしい限りです!


毎日のように相談に乗っています
気軽にメッセージをどうぞ!

Follow me!